無添加石けんとはどのようなせっけんですか?

無添加の定義がはっきり定まっていないため、一般的にいう「無添加石けん」とは、旧表示指定成分が入っていないことを指すことが多いようです。旧表示指定成分とは、

「アレルギーなどの皮膚障害を起こすおそれのある成分」として 厚生省がかつて定めていた102種類の成分で、合成界面活性剤や金属封鎖剤、殺菌・防腐剤、ホルモン類、ラノリン系の保湿剤などがあります。

しかしこれ以外の多くの化学物質が含まれていても、無添加とうたっているものも数多くあるのが実情です。せめて無添加石けんと謳うからには、合成化学物質が無添加であってほしいですね。


ミスアナナスの石鹸は、植物油にアルカリを加えただけの石鹸素地に天然由来のものを加えたお肌に優しいシンプルな石鹸です。


パイン炭せっけんは石鹸素地にパインの炭と黒糖、そしてヒアルロン酸だけを加えたもの。
果実肌フェイシャルソープは、石鹸素地に天然果実や植物エキスと粘土などを加えたもの。

いずれも香料以外の合成化学物質が無添加の、お肌に優しい石鹸です。

 

果実肌石鹸のピンク色は合成着色料を使っているのではないですか?

いいえ違います。果実肌石鹸のピンク色は、天然クレイ(粘土)の色です。合成着色料は一切使用しておりませんので、安心してお使い下さい。

 

生石けんとはどういう意味ですか?

一般的な洗顔フォームには、かびや雑菌の繁殖を防止するため、合成保存料が配合されています。

しかしミスアナナスのパイン炭生石けん洗顔料は、石けんベースでできているので、合成保存料を配合する必要がありません。

ミスアナナス「パイン炭生石けん洗顔料」合成保存料無添加の洗顔料です。

これが「生石けん」と謳っている理由です。

 

石鹸ベースの洗顔料とはどういう意味ですか?

多くの洗顔フォームは、石油由来の合成界面活性剤を使用しています。

界面活性剤とは、本来、混じり合わない油と水を混ぜるためのもの。だからこそ主に油分で出来ているメイクの汚れなどを落としてくれるのですが、石油由来の合成界面活性剤は、この界面活性性が強いため、水分と油分でできている皮膚表面に長く残ってしまうのです。

石油由来の合成界面活性剤が入っている洗顔フォームを使用すると、洗い流してもなかなかぬるぬるした感じが取れないのはこのためで、その結果、必要以上にお肌の油分を洗い取ってしまいます。

冬など、肌が乾燥している状態で台所洗剤を素手で使用しつづけると手荒れを起こしてしまったりするのはこのためです。


石けんも、実は「界面活性剤」です。

だからこそ汚れが落ちるわけなのですが、石油由来のものと大きく違うのは、弱酸性の皮膚表面に触れると、すぐに界面活性性を失ってしまうという、石油由来のものにはない大きな特徴があります。

つまり、汚れや不要な油分をさっと取るとすぐに、お肌に刺激がないものに戻ってくれるのです。


ミスアナナスのパイン炭生石けん洗顔料は、こうした石油由来の合成界面活性剤を使用せず、石鹸をベースにした洗顔料です。そのため、泡切れがよく、水でもさっと洗い流せます。

お肌に不要な負担をかけることなく毛穴の奥までしっかり洗ってくれる、毎日安心してお使いいただける洗顔料です。

 

パイン炭にはどの程度においや汚れ吸着効果がありますか?

約30分程度で、ホルムアルデヒドを75%も除去する効果が実証されています。

また、顕微写真ではミクロの孔がたくさん空いているのがわかります。この孔に汚れやにおいが吸着されます。

この孔の表面積はなんとたった1gでテニスコート1面分!

こちらのデータをご参照下さい。

炭で手が黒くなりませんか?

なりません

炭自体は非常に細かいパウダー状になって練りこまれています。石鹸の泡と一緒に汚れを吸着した後、すすぐことですっかりきれいになります。炭が残って手や顔が黒くなることもありません。安心してお使い下さい。

また、細かい炭が洗面台やソープ皿などに残ることがありますが、スポンジなどでお掃除していただければきれいになります。

炭が雑菌などを吸着してくれるので、一石二鳥です

 

 

オールインワンジェルとは何ですか?

化粧水・乳液・クリーム・美容液などの役割を全てこれ1つで担うことができるジェルのことです。

化粧水の役割は、お肌の細胞に水分を与えること、乳液やクリームは、その水分が蒸発していかないように保護してあげること、美容液は、水分や油分だけでは足りない成分(ヒアルロン酸やコラーゲンなどの、お肌の弾力を保持する成分が代表的)を足してあげることが目的ですが、これら全ての目的を果たすことができるならば、別々に買う必要はないわけですね。

オールインワンジェルとは、こうした目的を果たすことができるものなのです。

なぜジェル状かというと、水分を油分の膜が包み込んだ状態で安定できる形がジェルだからです。お肌に伸ばすと油分の膜に包まれていた水分が細胞に浸透していき、油分がお肌に膜を作ってくれます。

また、こうした特質からヒアルロン酸のような粘性の高いものも配合することができるため、美容液としての役割も担うことが可能になるのです。

高度イオン水、三室型電解水とはどういうものですか?

ミスアナナスのフェイス&ボディゼリーに使用している水は、100%「三室型電解水」という非常に純度の高いイオン水です。

通常、化粧品製造に使用される水は精製水です。

しかし精製水は水の分子が大きいため、お肌に浸透するのに時間がかかります。


水滴がお肌につくと丸くなってしばらくお肌に乗っていますよね?あの状態を想像してください。これが一般的な精製水です。

これに対して、イオン水は、水の分子が電気分解されてイオン化されているため、細胞にスーっと浸透していきます。


通常、電解水は+側と−側の2室型で生成されます。

しかし、2室型では50%程度の電解効率でしか電気分解ができません。

ところが三室型電解システムによって作られる水は、電解効率がほぼ100%、すなわち非常に純度が高いのです。


つまり、お肌への浸透力が抜群に良く、同時に不純物がほとんどないため、細胞の外から中からふっくらと保水してくれます。

良いお水を使った化粧品は、それだけでお肌を美しくはりのあるものにしてくれるのです。


しかしながら、三室型電解水は処方が難しく、全国でも三室型電解水を使用して安定できる化粧品を作ることのできるところはそう多くありません。

ミスアナナスは、無添加だけでなく、化粧品の命である「水」にもこだわり、長い時間をかけて捜し求めた工場と提携して、このフェイス&ボディゼリーを製造しております。


使い続けるほどによけいなものがいらなくなるシンプルなスキンケアをぜひおためし下さい。

4種ヒアルロン酸とはどういうものですか?

ヒアルロン酸は1gあたり約6000mLの水分を保持する能力があります。

ヒアルロン酸とはもともと人体にも多く存在し、保水弾力を必要とする部分に不可欠な物質で、お肌の真皮(お肌を覆っている表皮の下の部分)にもたくさん存在しています。

ヒアルロン酸の水分保持の役割によって、ハリのある潤い素肌になる事ができるのです。


年齢とともにこの体内の水分が減少すると、肌にハリがなくなり、しわやたるみの原因となっていきます。そこで外から補ってあげることが必要になってきます。


ところで、このヒアルロン酸、種類がいくつかあるのをご存知ですか?

主に分子の大きさで分けられています。


まず、一般的に知られているのは「ヒアルロン酸Na(ナトリウム)」です。

(ミスアナナスで使用しているヒアルロン酸の原料は、鶏のトサカから抽出したものと、乳酸菌で培養したバイオヒアルロン酸の混合になります。)


これに対し、分子量1万以下の低分子ヒアルロン酸が「加水分解ヒアルロン酸」です。分子が小さいので角質層まで届きます。


「スーパーヒアルロン酸」の名前で知られるヒアルロン酸は「アセチルヒアルロン酸Na」。普通のヒアルロン酸Naの、なんと2倍もの保水力があります。


そして「吸着型ヒアルロン酸」といわれる「ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム」。

ヒアルロン酸をプラスに荷電(カチオン化)させることにより、お肌への吸着力を高めたヒアルロン酸です。

乾燥した肌や傷んだ肌はマイナスに帯電しているので、電気的にプラスに帯電している吸着型ヒアルロン酸が吸着しやすく、普通のヒアルロン酸よりもお肌から離れにくいという特徴があり、長くお肌に留まって保湿し続けてくれるメリットがあります。

フェイス&ボディゼリーのピンク色は合成着色料ではないのですか?

いいえちがいます。

フェイス&ボディゼリーのピンク色は、ビタミンB12の色です。

成分表示名はシアノコバラミンで、これはビタミンB12の化学名です。合成化学物質ではありませんのでご安心下さい。